入浴マナー

HOME > 入浴のマナーについて

マナーを守って気持よく利用しよう!

お風呂利用のマナーを守って、気持ちよく快適にお風呂を利用しましょう。みなさまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

お風呂場に入ったらまずはかけ湯をしましょう。

脱衣所からお風呂場に入場した際には、まずは掛け湯をしましょう。 入口付近にはかけ湯用のお湯場がご用意しております。

移動の際に、周りの方に湯しぶきが
かからないようにしましょう。

入浴や移動の際は、周りの方に湯しぶきがかからないようにお気を付け下さい。

髪が湯船に浸からないようゴムひも等で結びましょう。

髪の毛にはほこりやふけなど、さまざまな汚れが付着しています。長い髪の毛はゴムか髪留めで湯船につかないようにしましょう。

タオルが湯船に浸からないようにしましょう。

タオルを浴槽内でゆすいだり、つけないようにしましょう。また、タオルを浴槽の注ぎ口付近に置くのも厳禁です。

保護者の方は子どもを遊ばせないよう注意しましょう。

お子様のマナーについては、保護者の方が責任をもって注意しましょう。 また、小さいお子様からは目を離さないようにしましょう。

冷水風呂に入る前には、
必ずかけ湯かシャワーで汗を流しましょう。

サウナに入った後はとても汗をかいていますので、 お風呂に入る際は必ずかけ湯かシャワーで汗を流してからお入りください。

シャワーの水しぶきを飛ばさないようにしましょう。

洗い場ではシャワーのお湯などが周りの人にかからないように注意しましょう。

浴場を出られる際は脱衣場の手前で
絞ったタオルで体の水けを拭き取りましょう。

脱衣所をキレイに使っていただくために、浴場から出られる際はタオルをよく絞って、体の水分をよく拭いてから出ましょう。

浴場、脱衣所でのスマートフォン・携帯電話の使用は
禁止となっております。

浴場・脱衣所での携帯・スマートフォンの使用は禁止となっております。
ご理解とご協力の程お願い申し上げます。

※ 当サイトに掲載されている文章・画像等の無断使用・転載を禁じます。

TOPへ